Happyことばではいろいろなことと、芸能ニュースについて、綴ります。
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/20
2008 Sat
使ったボンベ、穴開ける?開けない?
え?うちでは、穴開けるケド…?!

カセットコンロのボンベは、穴を開けて捨てるべきか、開けないでよいか。

全国の自治体でゴミ出しルールが、真っ二つに分かれているという。

ゴミ収集車の火災予防には、穴開けが有効だが、一方で、家庭で穴開け中の事故も多い。

経済産業省は「双方の言い分もわかり、自治体には指導できない」といい、
ルールは不統一のまま。

東京消防庁管内では、過去5年間、カセットボンベなどの残留ガスが原因とみられる

ゴミ収集車の火災が毎年100件以上も。

全国的にも清掃業者や自治体には悩みのタネ。

仙台市は「埋め立て作業の過程で、使い残しの缶から火柱が走ることもある。

危険回避のため、住民に穴開けを求めている」と説明。

しかし、穴開け作業には危険も伴う。経産省などによると、カセットボンベでは全製品で、

殺虫剤やヘアスプレーなどの缶では9割以上の製品で、

可燃性ガスが使用されており、喫煙など近くに火気があると、引火すれば爆発する。

東京消防庁管内では昨年、穴開け中の火災が17件あり、20人が負傷したという。

まさに、命がけの穴あけ作業だったんですね~(>_<)

やっぱり、火の気が無い所で、ちゃんと確認してから、作業を行うコトがベストかな?

韓国語 読み方




スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL

copylight © Happyことば. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。